2019年11月10日(日)第15回錬聖会大会演武会 実施項目公開!

テーマ:東京オリンピック空手道競技を3倍楽しむために

 

 実施項目

 ①組手競技のルールとポイントのとり方、そして最新の技を学ぶ

 

 ②形競技のルールと重要な評価ポイント、そしてやってみる

 

 ③各道場より演武披露

 

 ④本年度 錬聖会定期表彰式

 

開催場所:奈良市ならでん第二武道場

 

第15回日本空手道錬聖会演武会を11月10日(日)に開催いたします。

会場は奈良市ならでん第二武道場で決定いたしました!

 

演武会予定内容

テーマ:オリンピックを3倍楽しもう!

    2020年東京オリンピックで開催される空手道を3倍楽しむために、観戦ポイントや

    新ルールの解説を実演を通して理解していただき、オリンピックを盛り上げていく事と、

    技術のレベルアップを目的とします。

 

 

 

 

新体制のご案内

 

 平素は、日本空手道錬聖会のホームページをご覧戴き、誠にありがとうございます。  

当会は、空手道の鍛錬を通じて、心身の健康の維持・向上、さらには人格の形成を目的として、各地域に根ざした活動を旨としています。 

本会は、お陰様で、発足後14年目を迎えますが、此度、指導体制の若返りと充実を図るべく、一部の体制を見直しましたので以下に取りまとめご報告いたします。 

なお、新たに発足いたします 『指導員会』は、現役選手のうち、指導的立場を担いうる人材を抜擢して編成するものであり、錬聖会横断的な立場で実技の指導にあたることを役割としています。会員各位のご理解とご支援ご協力をお願い申し上げます。

  

組  織(2018.5.1現在)

  

    家   南出益明(故人)

会   長   森 拓生

 

【役員会】

技術顧問          浜口新市、森 伸次

顧  問          万井 進、西井 勝、山崎宏一郎、生田淳一

            西川修司、種谷 貢、森 浩次、種谷秀三

 

【理事会】

常任理事       

  < >         石川達久

  <副理事長>       立川博一、渕上博文

  <事務局長>       大西直人

   < 〃 次長     久保利健吾

 <広報部長>  田中宏明

   <国際事務局長>  万井 崇  

  

理              志内正樹、浅野直城、

               渕上千恵、西村直哉、大浦隆幸

  

指導員会           石川大輔、渕上勝也、石川和真、土谷將太、高塚悠矢

 

【新 設】 

(なお、指導員会の発足に伴い、従来の「評議員会」は解消いたします)